何気な〜いコトや失敗談など、ゆる〜く、時にエッジを効かせてぼやく備忘録です。

コーヒーや休憩タイムのおともにどーぞ!

気が向いたら、健康&美容の豆知識情報も発信します。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
今年の目標は?と、聞かれたら......

 

 

4月といえば、新学期・新生活スタートを迎える方も多いかとおもいます。

 

 

学校・職場のような組織。。。

 

「目標」「計画」などを強要される季節と認識しております。

 

 

 

「どのような年にしたいですか?」

 

「今年の目標は立てた?」

 

と聞かれることは、ありませんか?

 

 

これ

 

個人的には、すご----く無駄な質問(課題)だなって

 

子供のころからずっとおもっています。

 

【理由】

 

意味のある明確な目標を立てるタイミングに、個人差があるからです。

 

時期・出会い・トラブルなど様々な事柄が起きて

 

悩み・迷って、覚悟を決めて試行錯誤し、出した答えが目標になるわけです。

 

なのに「今年の目標は立てたか?」

 

なんてマヌケなコト聞くなよ〜っておもっちゃうんですよ(# ゚Д゚)

 

年が変わったからといって、今までの目標や考え方が変わるわけがないし、

 

変えるではなく 【積み重ねていく】

 

 

というのがボクの捉え方です。

 

もちろん、変化に柔軟に対応していくことも同じくらい大事にしています。

 

強制的・業務的に立てた計画・目標は諦めたり・見失ったり・忘れてしまう・・・・なんてこと、ありませんでしたか?

 

 

ではでは。

 

 

 

 

先日、棚を整理していたらこんなものが出てきました!

 

目標・計画を立てて数年継続した、数少ない結果です!!

 

ちょっと自慢!!(*`艸´)

 

 

 

 

 

 

先日、1年ぶりに30分走りましたが、しんどいです(笑)

 

 

| 17:50 | ひとり言 | comments(0) | - |
『休み方改革』ってど〜なのよ(?_?)

 

 

従業員を抱える

 

一般企業・団体職員・事業所....

 

 

 

 

 

業種によっては大きく異なりますが

 

 

 

 

年間休日が95〜105日

 

も当たり前な世の中。。。

 

 

土日営業の個人商店ならほぼ休み無し、、、

 

 

残業や休日返上によるハードワーク

 

過労死

 

自殺

 

育児ストレス

 

 

などなど、社会問題が取りざたされていますね。

 

「働き方改革」の次に政府が掲げる

 

「休み方改革」

 

に疑問を感じています。

 

※以下施策文章は厚労省から一部抜粋しています。

休み方改革における施策案

政府は現在2つの施策を検討しています。

  • 休日の分散による大型連休の増加
    「家庭における子供と向き合う時間の確保−地域ごとの学校休業日の分散化」という「キッズウィーク」導入にあたります。

     
  • 有給休暇取得促進
    キッズウィーク導入に際し、子どもの休日に合わせやすくするため。

 

施策が実現すると

『子供と向き合う時間の確保』が実行しやすくなります。

また、夏休みやゴールデンウィークに集中する観光需要も分散でき、レジャー施設や宿泊施設など観光事業者も年間を通じて利益を生み出しやすくなると考えられています。ワーク・ライフ・バランスに与える影響だけでなく、経済効果も期待されています。

休み方改革実現のために考えるべきこと

仕事の量が変わらない場合、日々の業務生産性を高めなければ実現できません。長時間残業を行っては本末転倒です。

実現のためには、企業側と各個人が業務上の無駄をなくし効率化することが求められます。

そもそも、日本の有給休暇取得率は世界各国と比較しても低水準と言われています。

 

有給休暇取得率が低い理由として

  • 有給休暇取得に罪悪感がある
  • 休みを必要としていない
  • 有給休暇支給日数を把握していない
  • 上司が有給休暇取得に協力的ではない
  • 有給休暇を取得すると業務に支障がでる

といった理由があるようです。

休み方改革と働き方改革の違い

 

 

ワーク・ライフ・バランスの推進や生産性向上等の観点と地域活性化の観点から休み方を見直すのが目的

→休み方改革

労働生産性の向上や長時間労働の是正、柔軟な働き方を浸透させるのが目的

→働き方改革

 

 

 

立派な施策ですね〜

 

 

レポートとしては非常に素晴らしいですね〜

 

うんうん

 

でもこれって

 

 

 

子供がいて当たりまえの施策....(?_?)

 

 

日本中の全員が求めている

 

 

【休み方改革】ですか?

 

 

 

 

 

 

 

まあ否定はしません。子供は未来のお宝ですから。

 

 

 

 

 

しかし、そのお宝を生み出す生産者は誰ですか?

 

もしくは、望んでいても叶わぬ人の気持ちは?

 

 

 

視野の狭い施策ですね。

 

 

仮にボクに改革案を任せたら、こんな施策を提案します。

 

 

 

 

 

 

【ハッピー・マンスリーホリデー制度】

 

 

 

です(笑)

 

内容は1ヶ月まるごと連休(笑)

 


【概要】
マンスリホリデイとは、社員が会社側と協議し、任意の1か月を全て休暇にする、バカンスのようなものです。

要するに休日を増やすという事です。

・勿論ホリデイ中もお給料はお支払いします。

 

・会社の為になる事でしたら、会社から補助金も検討します。

 

・事前に過ごし方の計画をたてることが条件。

 

 

【目的】

 

・リーディングカンパニーとしてアピールできる。

 

・優秀な人材の確保と離職率低下。

 

・他社員はスキルアップとチーム力を上げる機会と捉える。

 

 

 

 

親の介護準備

 

婚活

 

 

海外旅行や国内一周旅行に行きたい!

 

ゴロゴロするもよし!

 

連ドラ・映画三昧もよし!

 

資格を取る!

 

趣味に没頭したい!

 

サイドビジネスの準備をしたい!

 

これらは、

 

貯金や退職金をもとに定年退職をしてから始める

 

というイメージをお持ちの方がほとんどですよね

 

 

けど

 

よく考えてみてください。

 

例えば

 

アフリカ旅行に行きたいとします。

 

 

定年を迎える65歳以降に行くのと

 

 

今の年齢で行くのとでは

 

体力的なコトで、かなり、楽しみ方は違うと思います。

 

そして

 

【経験したことは仕事にも役立つ】

 

取引先のお客様とのコミュニケーションなどです。

 

65歳になってから体験談はただの土産話。

 

しかし、

 

若いうちの稀少な経験は武器になります

 

 

「休み方改革」= 育児困難・過重労働・少子化への改善案

 

のような風潮はなんだか、重いんですよね(笑)

 

 

 

 

 

「休み方改革」をシンプルにとらえて

 

 

 

「想い出作り」

 

の材料にしてほしいなあと思います。

 

 

 

まあ〜ザっと考えただけですが、

 

 

政府の施策より、幅広い世代・家庭問題に対応できる

 

ナイスな施策案だと思いませんか((´∀`*))?

 

 

 

 

 

NAGAIはまだ、身分の低い事業所ですが

 

 

 

 

お客様に多少ご迷惑をおかけしても

 

ナガイと一緒に仕事がしたいです!!

 

と評価してもらえる事業所にします!

 

 

とりあえず

 

年間休日数の多さだけなら

 

大手企業にも負けない

 

日本一のリーディングカンパニーをすぐ実現できます(笑)

 

 

ではでは!!

 

 

 

 

 

 

| 15:12 | ひとり言 | comments(0) | - |
バレンタインデー

 

 

(訳)

2月のピアノ発表会来てね♡

 

〇〇が作ったチョコたべてね♡

 

 

 

 

いや〜

 

お世辞抜きで

 

有名パティシエのお店で買って

包装と中身を入れ替えたの(・・?

 

っていうくらい

 

 

う!うまいぞーーー!!!!

 

 

でした。

 

去年はメチャクチャ硬いチョコで

口の中で溶かしながら食べました・・・

 

が、しかし

 

1年でこんなにも成長するのか。。。

 

しかも、母親の助けを借りずに1人で作ったとは。。。

 

6歳。4月からは小学生。

 

う〜ん感慨深いですね。。。

 

 

ちなみに

 

 

 

バレンタインデー = ナガイの日

 

と認識しているらしい。

 

すり込み育成は大事ですね( ̄ー ̄)ニヤリ

 

ホワイトデーのお返しは奮発しないとです☆彡

 

 

久しぶりのブログが

 

ただの自慢話でした(〃▽〃)ポッ

 

失礼しました。

 

ではでは!!

| 17:02 | ひとり言 | comments(0) | - |
ご新規の方は○○%OFF!!ってどーなのよ。。。。

 

 

自分の髪のカット&白髪染めは、基本自分でやります。

 

 

 

洗面所で上半身裸です。

 

 

服を着ていると毛やカラー剤がついちゃうからです。

 

 

とても寒いっす(´;ω;`)ウッ…

 

 

というわけで、どっか適当に美容院でもいこーかなとネットでポシポシ。

 

 

 

 

 

 

『ご新規20%OFF』

 

 

ってたくさんあるなぁ〜

 

 

なんでどこも20%OFFなの(?_?)

 

 

20%OFFのお店が圧倒的に多いのにどこに行っても同じじゃないかい?

 

 

【割引き】=【来店きっかけ】

 

と考える人は多いいと思うのですが、ボクはあまりそう思わないです。

 

だって来店理由がそこじゃないから。

 

みなさんは、

 

「わぁ〜 20%OFF!!だ!! ここにしよッ((´∀`*))」

 

ってならないですよね。

 

 

そもそも割引すると実際の来店経路とか利益の理由など精査した?

 

美容院にかかわらず、他業種でも

 

店側とお客側との思考にギャップがあるのかなと、、、

 

もちろん割引という施策には一定の効果を感じます。

 

しかし

 

”料金””より”内容”を求めてるわけで。。。

 

 

そういった意味でボクは消費者としても経営者としても

 

「問う」という事をするのです。

 

 

 

 

例えば

 

何かを始めたら一定期間を超えても微動だにしない。ブレない信念がある。

 

 

一昔前ならそれで良しとされていました。

 

けど

 

 

そんな施策はあっさり捨て去ります。

 

 

なぜなら

 

次の違う思考を持ちトライし始めた方が建設的だと考えるからです。

 

まあこういう施策は全員に当てはまるものじゃないし

 

反論もありますね。。。

 

 

実際

 

ナガイは我慢が足りない

 

とか

 

フラフラしてる

 

など

 

さんざん言われることも・・・・

 

 

 

まあ

 

合う合わないがあるかもよってコト。

 

自分のキャラと噛み合ってなければ絶対結果になるはずもなく、

 

それを精査する思考をもつことが大事って話しですね。

 

無責任に、反対意見やネガティブチェックされても

 

そんなの関係ねぇ〜 ハイ!おっぱっぴ〜!!

 

みたいな(笑)

 

 

 

「割引しなくてもご来店していただけるような経営力」

 

ということに照準を絞ることができますね!

 

 

 

 

2018年・年始めからブログの更新が激減していました。

 

次なる一手・二手の準備に奔走しております。

 

 

 

業務形態や営業形態の変動も出できます。

 

ホームページの大規模工事も予定しております。

 

ご迷惑をおかけしますが何卒ご理解のほどよろしくお願い致します。

 

 

さて

 

美容室選びは

 

 

結局、洗面所で30分近く寒い思いをしながら半裸で

セルフカットしました( ノД`)✂

 

 

寒すぎて頭痛が、、、、

 

しかも刈り上げたからよけいに寒いっ!!

 

でも、お気に入りなスタイルに仕上がりました!

 

さすがσ(゚∀゚ )俺様!!

 

 

みなさんの、お店選びの基準はなんですかね(?_?)

 

ではでは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 18:07 | ひとり言 | comments(0) | - |
遅刻ねー。。。。

なぜ、日本人は遅刻に厳しいくせに

終業時間を守らず残業や無駄な会議をするのかなあ(・・?

 

 

 

始まる時間はキッチリ。

 

終わる時間はルーズ。

 

 

 

 

まあ遅刻をするということは

 

10分とか1時間とか時間の長さが問題じゃなく

 

 

 

「相手の時間を奪う」

 

という行為が1番の問題なんですかねぇ〜

 

 

 

 

交通事情・体調不良・寝坊・・・・

 

生きていればど---------しようもないことって必ずあります。

 

 

 

 

 

 

 

「人を待たせる事が嫌い」

 

という人は、「1秒でも遅刻は遅刻!!」

 

って思考があるから絶対に言い訳しないですよね。

 

スゴイ!!

 

 

逆に言い訳する人の思考は

 

 

 

 

 

 

・信用なくすからだ!!

 

・社会人として常識だ!!

 

・人に迷惑をかけるからだ!!

 

 

まあそのとおりなんですが、正直どっちでもいいような気がします。

 

 

根本をたどると単純に

 

遅刻されるとムカつくから

 

 

という感情部分が強いハズです。

 

理屈じゃなく結局、頭にくるってことですよね。

 

 

日本人は遅刻をされるとムカついちゃう人種ってことです(笑)

 

 

 

 

「なぜみんなムカつくの(。´・ω・)?」

 

「みんなちゃんと来ているのにアナタだけ遅れていいという道理はないッ」

 

つまり「歩幅あわせる」ってことを理解し時間を有益に使える人なら遅刻をしてもイイと個人的には思います。

 

 

みなさんだったらどっちを選択しますか?

 

【みんな一斉に始めて、出来なかった人だけできるまで居残る

 

 

終わりが決まってて、それまでに出来たらいつでも始めてOK

 

 

 

 

 

 

 

個人的にはウソさえつかなければ遅刻されても待つのはOKです。

 

理由は

 

ご自慢の Mac Book AIR があるから(笑)

 

 

電波・Wi-Fi環境があれば好きなコト・情報収集・仕事もすべて

スマホなどでも完結してしまう。

 

 

なので人が遅れてきても無問題!

 

 

なんだったら1〜2時間遅れてきてよっ!!って場合もありますね。

 

割とどーでもいいし、1人がスキですから。

 

 

ではでは!!

 

 

 

| 17:08 | ひとり言 | comments(0) | - |